引越し業者が見つからない!難民にならない方法が3つあります

引越し業者が見つからない!難民にならない方法が3つあります 引っ越し難民

毎年3月、4月に集中する恒例のイベントが引っ越し。

去年ぐらいから、なかなか引っ越し業者が見つからない『引っ越し難民』という言葉が使われるようになってきました。

去年もひどい状況でしたが、今年2019年の引っ越し状況はさらに悪化することが予想されています。

その理由は、働き方改革による影響や、ヤマトホームコンビニエンスの行政処分(水増し問題)による新規受付の停止の影響などですね。

となると、引越し業者が見つからなくてどうしたらいいか途方にくれる人もいるんじゃないでしょうか。

 

ここでは、引っ越し業者が見つからなかった場合の対策・方法について、いくつか紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてください。

国土交通省が異例の『引越時期分散化を呼びかけ』

さきほども書いたように、今年は例年以上に引っ越しが集中することが予想されているため、国土交通省が次のように『引越し時期の分散化』を呼びかけています。

引越時期の分散に向けたお願い

引越事業を含めたトラック事業においては、トラックドライバーの有効求人倍率が2.91倍(平成30年11月現在)となるなど、人手不足が深刻な課題となっています。

中でも、引越事業においては、3月から4月にかけて依頼が集中しており、特に3月においては、通常月と比べて引越件数が約2倍となっており、人員と車両の両方の確保の面からピーク時の対応が難しくなってきております。

各引越事業者においては、計画的なドライバーや車両の確保に努めているところですが、トラブルなくスムーズに引越を行うために、利用者の方々におかれましても、

ピーク時期の引越を避ける

などのご協力をお願いいたします。

引用:『国土交通省 引越時期の分散に向けたお願い』

 

それにあわせて、引っ越しの混雑ぶりがひと目でわかる『引越混雑予想カレンダー』(全日本トラック協会より引用)も公開しています。

全日本トラック協会作成の引越混雑予想カレンダー

http://www.jta.or.jp/yuso/hikkoshi/spring2019/1.pdf

このカレンダーを見る限り、最も混雑するのが3/23~4/7までだというのがわかります。

なので、比較的余裕がある4/8以降に引っ越しをずらすのが理想のようです。

 

ちなみに、国交省の人事異動では引っ越しの繁忙期を避け、4月の2週目以降の転居を検討しているとのこと。

国家公務員の引っ越しを4月にずらすというのは、それだけ『今年の引っ越しはかなり混雑する』ということだと思います。

ネットの引っ越し見積もり一括サービスを利用して業者を見つける

引越し業者を見つけるには、見積もりをできるだけ多くの業者にとってもらうという方法があります。

その時に便利なのが、ネットの『引っ越し一括見積もりサービス』

簡単な情報を入力するだけで複数の業者に見積もり依頼ができるので、このサービスを使わない手はありません。

運良く何社からから見積もりがもらえたら、料金の比較もできるので今の相場が大体わかります。

引っ越し一括見積もりサービス

では、ネットで簡単に引っ越しの見積もりがとってもらえる『引っ越し一括見積もりサービス』を紹介します。

もちらん、無料です。

引越し侍

『引越し侍』では人気の業者270社の引っ越し見積もり費用を比較できます。

また、Webサイトでは、引越し業者のランキングや、今の引っ越し費用の相場を簡単に確認できるのもポイント。

『引越し侍』には次のような特徴があります。

  • 沢山の業者から見積もりをとれるので、対応できる業者を見つけやすい。
  • 自分で見積もり依頼する業者を選択することもできる。

引越し達人セレクト

続いては、『引越し達人セレクト』

引越し侍ほどじゃないですが、こちらも引越し業者210以上から見積もりを依頼できるタイプ。

とにかく簡単な入力(30秒)で問い合わせができるので、急いでいる方にはおすすめです。

『引越し達人セレクト』には次のような特徴があるので、参考にしてください。

  • 必要最低限の入力で30秒で問い合わせが完了。
  • 荷物の量など面倒な入力をしないことも可能(見積もり時に詳細ヒアリング)

引っ越し一括見積もりサービスでも引越し業者が見つからなかった場合

一括見積もりサービスでも引越し業者が見つからなかった場合は、見積もりサービスにもなかった引っ越し業者に電話してみましょう。

こうなったら、『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』戦法です^^

最近はネットで引越し業者を見つける人が多くなりましたが、大手以外の業者は以外と見過ごされる場合があります。

普通にネットでそうい業者を調べようとしても、余計なページばかりが引かかってかえって効率が悪いです。

そんな時は、タウンページを利用しましょう。

昔の電話帳のネット版ですね。

電話番号を登録している業者だと間違いなくタウンページで検索するとヒットするはずです。

タウンページで住んでいる地域の引越し業者を見つける方法

まず、タウンページのWebサイトにアクセス。

まずは、検索フォームに『引っ越し』と入力して検索します。

そして、左のメニューから自分が住んでいる地域(市町村レベルまで)を選択していきます。

ここでは、例として東京→八王子を選択していきます。

すると、その地域の引越し業者だけが表示されるようになります(東京は狭いので八王子まで絞り込まなくてもいいような^^)

あとは、一括見積もりサービスになかった業者を探して電話しまくりましょう!

地域によっては業者の数がものすごいかもしれませんが、根気よく電話をかけるしかありません。

ここで一つアドバイスを。

業者に断られた時に、『他に引っ越しお願いできるようなところを知りませんか?』と聞いてみてください。

同じ業者同士で情報交換している可能性もあるので、運が良ければスケジュールが空いている業者を紹介してくれるかもしれません。

また、その時に『もし紹介できるところがあれば連絡をいただけませんか?』と連絡先を教えておくという方法もありです。

どうしても引越し業者が見つからなければ、荷物をトランクルーム(レンタルスペース)に預ける

ネットの『引っ越し一括見積もりサービス』も駄目、タウンページでも見つからなかった場合。

最終手段として、ひとまず荷物を『トランクルーム』に預けるという方法があります。

『トランクルーム』というのをご存知でしょうか。

『貸し倉庫』といえばわかるかもしれません。

海外では一般的な 『トランクルームを借りる(レンタルする)』というサービスが、日本でも広がりつつあるようです。(レンタルスペースと呼ばれる場合もあります)

引っ越しの業者が見つからなかったなどの理由で、引っ越しが予定通りにできなかった人の約29%の人がトランクルールを借りていた、というアンケートの結果もあります。(株式会社キュラーズ調べ)

以外とトランクルームの利用が多いですね。

そして、トランクルームを選んだ理由というのが以下のもの。

  • 家財を置く場所の確保のため。
  • トランクルーム以外思いつかなかった。
  • 思っていたよりも管理が良く、便利だったから。
  • 家財の一時保管にちょうど良かったので。

『家財を置く場所の確保のため』というのは、現在の住居を期限までに引き払う必要があったなどが理由と思われます。

賃貸や社宅などでは、次に入居する人が既に決まっている場合が多いので、絶対に期限までに引っ越しないといけません。

なので、引越し業者が見つからなかった場合は、トランクルームにひとまず預けるという選択肢もあります。

どうやってトランクルームに家財道具を搬入するのか

トランクルームを借りるとして、『そのトランクルームにどうやって家財道具を搬入するの?』という疑問が出てくるかもしれません。

特に、冷蔵庫やタンス、ベッドなど大きいものは大変ですよね。

引越し業者が見つからないので『自分達でやるしかないのか』と思った人、ちょっと待ってください!

トランクルームを提供している業者によっては、そういう人たちのために『搬入のお手伝いをする運転手つきトラックレンタル』というサービスを低価格で用意しているところもあります。

トラックを運転してくれるだけではなく、搬入の手伝いもしてくれるのでかなり助かるサービスじゃないでしょうか。

トランクルームは24時間自由に搬出、搬入できるところもあるので、まずは『大きい荷物』をさきほどの運転手つきのサービスを利用して搬入し、あとの細々とした荷物は自分たちだけで時間が空いた時にするという方法もあります。

なので、現在の住居をすぐにでも明け渡す必要がある人には、トランクルームにひとまず荷物を預けるというのもありだと思いますよ。

その後、引越し業者が見つかったらそのままトランクルームの荷物を引越し先に搬送するようにお願いすればいいです。

引っ越しの繁忙期を過ぎて引っ越しとなった場合は、引っ越しの費用は通常料金に戻っているはずなので、トランクルームの余計な出費を考慮しても繁忙期の引越し費用よりも安くすませることができるかもしれません。

即日利用OKで店舗にスタッフがいるおすすめのトランクルーム『キュラーズ』

ここまでで紹介している『運転手付きのトラックレンタルサービス』を提供しているおすすめトランクルームは『キュラーズ』です。

トランクルーム『キュラーズ』のおすすめポイントを紹介しておきますね。

  • 即日利用・短期利用OK
  • オフィスビルを丸ごと買い上げた専用トランクルームビルとして運営
  • 24時間自由に搬出・搬入が可能
  • セキュリティカードと暗証番号でセキュリティも万全
  • 店舗にはスタッフがいるので困った時にサポート
  • 無料駐車場あり
  • 手数料、管理費ゼロ円
  • 湿度管理あり
  • 荷物が少なければ、無料のキュラーズシャトル(ハイエース バン)が使える
  • 荷物が多くても、提携業者による運転手+お手伝いのサービスが利用できる

急いでいる人には契約したその日からすぐに利用できるので、おすすめです。

また、スマホからも申込みできるのもおすすめポイント。

キュラーズでは荷物が少ない搬入には無料のシャトル(ハイエース)が使える

先に、運転手+お手伝いのレンタルのサービスがあると書きましたが、こちらは低価格ではありますが有料となります。

しかし、荷物が少ない(1.6畳分ほど)場合は、キュラーズシャトルという搬送用の車を利用できるんです。

ただし、次のような注意点があります。

  • 利用できるエリアが限られる(Webで要確認)
  • 搬出・搬入は本人がする
  • 利用は一回のみ
  • 運転手を除いて乗車できるのは4人まで

以上の注意点はありますが、無料なので荷物が少ない場合はぜひ利用するべきです。

ちなみに、車はハイエースです。

キュラーズシャトルの搬入用の車

もしキュラーズシャトルを利用したい場合は、以下のリンクから詳細を確認してください。

レンタル料金や、無料のキュラーズシャトル、運転手付きトラックレンタルなどの詳細についても以下のリンクで確認することができます。

その他、荷物の搬入・搬出に関しても相談を承っているようなので、ぜひ参考にしてください。

引越し業者が見つからない!難民にならない解決方法のまとめ

ここまで引越し業者が見つからない場合の解決方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

いろんな方法がありますが、ダメ元で一度真剣にここで紹介した方法を検討してみてください^^

なんでもやってみないことには、解決できるものも解決できません。

本当に、引っ越し難民になったらどうしていいかわからずパニック状態になるかもしれませんよ。

そうならないためにも、できるだけのことを試すことをおすすめします^^